ドイツのピアノ教育見聞録

ピアノのレッスンを通して覗いたドイツ事情と試行錯誤の日々の記録。

JuMu Landes 2019 その六➖総括➖

ホーフに滞在している間、できる限り私の勤務する音楽学校の生徒或いは同じ地元からの参加者の審査に立ち会い、審査員の講評を聞く機会に恵まれた。

今年の地区予選の審査は厳しいという評判だった。

蓋を開けてみると、地元からの参加者は今年は全員が州予選で入賞している。

しかも3位はたった一グループで、他は皆それ以上の成績だ。

以前は州予選で3位入賞できない参加者もいたのである。

すなわち、今年は本当の精鋭が選ばれて州予選に進出したということになる。

そしてその精鋭の中でも将来プロを目指す受賞者は、たった2組だ。

あとは皆、音楽が楽しいから続けているという青少年ばかりということになる。

もちろん現在10歳の参加者が数年後になんと答えているかはわからないけれど。

地元では州予選2週間前に、州予選進出壮行演奏会とでもいえるコンサートが催されている。

その時に、参加者は皆金一封のお小遣いが貰えて、さらに聴衆による人気投票で選ばれた参加者にはボーナスまで出る。

皮肉なことに、この聴衆賞を受賞したグループは州予選で3位に終わり、マラソン大会に参加するために州予選直前の練習演奏会をキャンセルしていたグループが2位に入賞した。

この子たち本当に大丈夫なのかなと先生が最後まで心配していたピアノと管楽器のデュオだ。

私の個人的な見解だが、ミスのない演奏をすることを目指すより、曲の美しさを感じて表現しようと努力している演奏の方がドイツ青少年音楽コンクールでは圧倒的に評価されている。

審査員の一人である某音楽大学のピアノの教授があるグループの批評の中で、「あなたたちには何かを表現しようという強い意思がある。」と発言された。

ここではミスがあるかどうかではなく、生徒たちの音楽性が評価の対象となっている。


JuMu Landes その五

コンクール参加者に付き添って遠くまでやってきたら、その土地のビールを飲んで郷土料理も楽しんでみたいもの。

今回はバイエルン州内のオーバーフランケンと呼ばれる地域にやって来た。

予めネットで調べておいたのは、シュニッツと呼ばれる牛肉入り野菜スープと牛肉で作られたソーセージ、それに混ざりもののないレバーケーゼの3品だ。

ネットではシュニッツにはキノコが入っていると書いてあったが、私が食べたのはキノコ無しだった。

ペンションのおばさんによると、キノコは別に入れなくてもいいそうな。

この日は一日中雪のちらつく真冬日。

凍えた身体を温めるのにうってつけなシュニッツ!

五臓六腑に染み渡るとはこのことだ。

お代わりしたかったなぁ。

f:id:klavierpiano:20190417040606j:plain

残念ながら牛肉の焼きソーセージにはお目にかかれなかったが、ソーセージのスープ煮を試してみる。

同じバイエルンでもここではソーセージにカラシはつけないでいただくらしい

ふーーーん、面白い!

レバーケーゼは目玉焼きの下に隠れている。

色もピンクではなく、黒っぽい。

引きずり出して一口試してみると、レバーの味そのもの!

他の地域でレバーケーゼとして食されているものは、フライシュケーゼという、レバーとは関係ない別物なのだそう。

いやーそうだったのかー!

普段は私はレバーケーゼ、いや、フライシュケーゼなど食べないのだけれど、ご当地名物は大いに試す価値あり!

私の知らない世界を見せてくれた!

ビールは黒ビールとピルス、その他濾過される前のZoigl というご当地ビール3種類を頂いた。

ドイツのビールは何処へ行っても本当に美味しい!

f:id:klavierpiano:20190417040911j:plain


JuMu Landes その四

ドイツ青少年音楽コンクール参加者の中から、その能力を認められた生徒は、バイエルン州青少年オーケストラへの参加を打診される。

審査員との個別面談で直接声を掛けられるのだ。

青少年オーケストラに参加している生徒同士が仲良くなって、コンクールでお互いの都合がつけば、それぞれの応援に駆けつける。

運動会のノリに似ているような気がする。

オーケストラに参加するか否かは本人の自由だが、参加を決めた生徒たちは当然向上心がある。

そしてかなりの割合で将来プロになるため音楽大学に進学することを希望している子が多い。

しかし、音楽はあくまで趣味だと割り切っている子もたくさん州予選に進出している。

将来プロを目指す生徒は一位をとって全国大会に出場したいので、州予選2位という結果だと、とても悔しい思いをする。

しかし、趣味で楽しくやりながらここまで来た子にとっては州予選2位はとても誇らしい立派な成績だ。

なぜなら、州予選では3位までに入賞できない参加者も決して少なからず存在するからだ。

音楽を通して青少年の育成に寄与することを目的とすると同時に、世界最高レベルと言われるドイツのオーケストラの将来を担う人材を育成するという、国を挙げての文化事業という機能を果たしているのがドイツ青少年音楽コンクールだ。



JuMu Landes その三

ドイツ青少年音楽コンクール州予選は、10歳以上の年齢別カテゴリーから参加可能だ。

参加者は到着後にまず登録を済ませ、その場で本番会場での5分間のリハーサル時間と練習室での30分間のリハーサル時刻予定をもらう。

ピアニストにとってはどんなピアノで演奏するか最も気になるのだが、ソロ楽器演奏者も音響チェックに余念がない。

たった5分間の間に、20分のプログラム全ての予想をたてるわけだ。

その辺りは指導者伴奏者という周囲の大人たちがサポートに回る。

生徒たちは緊張しているのかといえば、案外そういうわけでもない。

州予選進出する子供達は州内の青少年オーケストラなどを通じて案外お互い知り合っているので、友達を見つけて結構盛り上がっていたりする。

また、初めての参加でも、特に女の子はどの洋服や靴にしようか楽しく取っ替え引っ替えしたり、お祭り気分の子もいたりする。

緊張感をポジティブな方向へ持って行き、この状況を楽しんでいるかのように見える。

そういう意味では地区予選の方が、年齢の低い子供達もたくさん参加しているせいか、鼻血騒ぎが起きたりと、保護者がてんやわんやしている状況を見かけやすい。

そして大切なのが腹ごしらえだ。

演奏前は食欲がなくても、待ち時間にはコーヒーが飲みたくなる。

応援に駆けつけた家族にとっても、カフェテリアの有無は重要だ。

例年、ギムナジウムの建物が会場になる場合、受付付近に小さなコーヒースタンドが設置されているだけだが、今年の会場は大学だけあって、施設内にカフェと食堂が別々に設置されていて、大勢の人数が押しかけても大して待たされる事なく次々に捌かれていく。

演奏を済ませた後から審査員との個別面談或いは結果発表までの間、街の中のアイスクリーム屋に行ってみんな揃ってホッと一息つくのがイヤな人はいないだろう。

ここで私は今年も不思議な光景に出くわした。

ドイツには、スパゲッティアイスクリームというトマトソーススパゲッティを模したアイスクリームがある。

トマトの赤はイチゴジャム、パスタ部分はバニラアイスで作られたアイスクリームだ。

(私は食べないので、おそらくそうだと思われる。)

このスパゲッティアイスクリームを一家全員揃って注文する家族って、ドイツには多いのだろうか?

数年前と今年の2度も、JuMu Landesで、このような家族2組に遭遇した。

家族の嗜好はそこまで似るのか、スパゲッティアイスクリームがそこまで美味しいのか、私には摩訶不思議な現象だ。

まぁどうでもいいんですけど。

その他、空き時間に勉強している生徒もいる。

なんとアビトゥアの勉強だ。

州予選と全国大会の間に、アビトゥアの試験が予定されている。

Nもこのイースター休暇は勉強しか予定がないらしい。

最近ではどうだか知らないが、受験前だからという理由でクラブ活動を止めなければならない日本の高校生とは大違いだ。


JuMu Landesその二

やった〜❗️

Nはバイオリンソロ部門で全国大会進出を決めました❗️

しかも25点満点のおまけ付き❗️

毎年参加するカテゴリーで必ず全国まで行く実績のある彼女とはいえ、演奏後はやはり色々な考えが頭の中を過ぎるもの。

ドイツ青少年音楽コンクールでは、演奏後に審査員の助言を受けることができる。

州予選での審査員は、ドイツ国内の音楽大学の教授やオーケストラの現役団員、ベテラン音楽学校教員などの面々が並んでいる。

ちなみに私の勤務する音楽学校校長も審査員の中に名前を連ねている。

彼らのアドバイスは的確そのもの。

大きな声では言えないここだけの話だが、地区予選の時には審査の結果やアドバイスに不満を持つ参加者や指導者もいたりする。

まあコンクールにつきものの現象と言ってしまえばそれまでだけど。

しかし州予選からはかなり違った雰囲気が漂い始める。

州予選進出を決める生徒たちの中には、ドイツ国内の音楽大学で特待生としてベテラン教授たちのレッスンを受けて研鑽を受けている生徒たちも多い。

教授の中には90歳で矍鑠として生徒たちの応援に駆けつけてくる方もいらっしゃる。

言い換えれば、地区予選で運良く高得点を貰えても、州予選では入賞もできなかったというケースは珍しくもない。

ハッタリはもう通用しないという事だ。

そんな中、25点満点をもらえたNはクールを装いながらも相当嬉しそうだった。

私の仕事は譜めくりだが、直前の会場リハーサルでの音響チェックも兼ねている。

伴奏はもちろん、譜めくり、音響チェック、楽譜の準備など、青少年のコンクールでは、保護者と指導者一丸となったサポートが欠かせない。

毎年周囲の人間でタッグを組んで行われる一大イベントがドイツ青少年音楽コンクールだ。

続くf:id:klavierpiano:20190414164647j:plain


ドイツ青少年音楽コンクール州予選 JuMu Landes 2019

2週間前の今日、今年のドイツ青少年音楽コンクール州予選進出を決めた地区予選一位入賞者による演奏会が地元で行われた。

弦楽器、打楽器のソリスト、ピアノトリオや古楽アンサンブルなど多岐に渡るプログラムだ。

毎年行われる入賞記念コンサートは、地元の指導者や生徒たちとの交流会のようでもあり、非常に興味深い機会である。

そして丁度一週間前、私の勤務する音楽学校から州予選進出した生徒たちは、一般公開の演奏会を開催した。

さて今日からJuMuバイエルン州予選がホーフHofで始まった。

実は私も来てしまっている!

私の昔の生徒Nに関する記事は地区予選で紹介した通り。

今年は私はNの伴奏をする同僚ピアニストの譜めくり専任だ😆。

たかが譜めくりと侮るなかれ!

譜めくりがいないと演奏できない曲っていっぱいある。

しかも譜めくりしてくれる人がいるかどうかわからないという事態は、ピアニストにとって、これほど心臓に悪い状況はないと言っても過言ではない。

6年前、Nがまだ12歳だった時、私は彼女の州予選を伴奏した。

その時、バイオリンの先生が同行できなかったため、譜めくりしてくれる人が誰もいなくて、演奏時その場に居合わせた知らない人にいきなりお願いするというとんでもないことをやってしまった。

あの時のおじさん、ありがとう!

お陰様で当時のNは、25点満点を取ったのだった!

さて明日の本番が楽しみだ。


音楽学校教員有志によるコンサート

先日、音楽学校教員有志によるコンサートが開催された。

毎年この時期に教員によるコンサートが開催されるが、クラシック音楽中心の会とジャズ、ポップ中心の会が隔年ごとに開催される。

今年は基本的にクラシックを専門とする先生方によるコンサートだ。

と言っても、クラシックもジャズも出来る先生が何人もいるので、ジャズもプログラムに組まれている。

クラシックギターやピアノのソロ、室内楽からオペラのアリアまで、いろいろ楽しんでいただけたような気がする。

私も室内楽のグループ二つに参加、後は譜めくりが3回だ。

音楽学校主催のイベントであるため、当然小さな子供達もやって来る。

しかし驚いたことに、子供達の話し声やら泣き声やらは一切聞こえてこないのだ。

皆一生懸命に聴き入っている。

普段レッスンで会う先生がこの日はまるで別人のように感じられてビックリしたのかな?

そういえば、普段はいつも真面目な顔でバリバリ仕事してます、っていう感じの先生が、舞台の上でアンサンブルのパートナーを相手に、心の底から楽しんでいるような笑顔を見せていた。

同僚も良い意味で別人だったなぁ。

プログラム最後の演目はジャズだった。

ふと気が付くと、一番前の席に座っている幼稚園児が、ジャズのリズムに合わせてノリノリで体を揺すっている!

エアギターのように、座ったままだけれど、演奏とぴったりシンクロしているのだ!

この日の演奏会は午前11時だ。

一方、ジャズのライブといえば、大体夜、子供を寝かしつけてからという時間帯が定番だ。

子供でもジャズライブを楽しめるような企画がもっとあっても良いのでは?

生演奏にはビデオやCDからは伝わってこない特別な空気が存在しているのだ。

演奏家と同じ空気を吸ってみたら、世界がほんの少し違って見えること間違いなし!